お七夜の命名紙は誰が書くのか

赤ちゃんが生まれて最初の行事がお七夜というものになります。

お七夜は命名式とも言われ、かわいい赤ちゃんと赤ちゃんの名前を親戚や近所の人、地元の神様にお披露目する儀式だと言われています。

そんな中、赤ちゃんの名前を披露するために命名紙を書くわけですが、その命名紙は一体誰が書くのでしょうか。

スポンサーリンク
oshichiyaレクタングル大

本来は父方のおじいさん

もともとは、赤ちゃんにとってのお父さんのお父さん、つまりは赤ちゃんの父方のおじいさんが名付け親でした。

そのため、誰が書くのかというと、命名紙を書くのはもちろんこのおじいさんであり、このおじいさんが赤ちゃんの名前を披露していたと言われています。

今でもその習慣が残っているところもありますが、赤ちゃんのお母さんが実家に里帰りをし、退院後は実家に戻るということが多くなり、赤ちゃんのお母さんのお父さん、つまり母方のおじいさんが書くことも増えました。

ただし、やはりお母さんが嫁いだ立場である場合、嫁ぎ先のおじいさんが書きたいという意識も強いようです。

最近は誰でも良い

とは言え、最近では里帰りをしないお母さんも増え、命名紙を誰が描くかということについては誰でも良いのではないかという意識が強くなっています。

そもそも実家に帰ることがなかったり、お七夜も夫婦で祝杯をあげる程度であれば、あえて赤ちゃんにとってのおじいさんに書いてもらう必要もありません。

また、夫婦で赤ちゃんの名前を決めるということが一般的になり、名付け親が赤ちゃんの両親であれば、やはり両親が赤ちゃんの名前を書けば良いという考え方もあります。

最初はお父さんが書いた方が良いとされていましたが、お母さんの方が字が綺麗だからなどという理由によりお母さんが書く場合もあります。

気を付けて!事前に話し合いを

しかし、もしもきちんとした形でお七夜を行うのであれば、命名紙を誰が書くのかということは事前に話し合っておいた方が良いかもしれません。

というのは、このような習慣に関しては世代による考え方の違いが多くあり、たとえ夫婦が自分たちで書いても良いだろうと思ったとしても、上の世代の人から「それは自分たちが書くべき」などと言われてしまい、トラブルになってしまうことも考えられるからです。

里帰りや妊娠・出産などに関する考え方は世代によって全然違うため、特に赤ちゃんが生まれて1週間の大切な時期に余計なトラブルを起こさないよう、事前に話し合いをしておいても良いかもしれません。

まとめ

いかがでしょうか。

命名紙を誰が書くのかという事は本来は誰でも良いのですが、考え方の違いがあるために事前にそれぞれの両親と話し合いをしておいた方が良いでしょう。

また、あくまでも名前を決めるのは両親なので、両親が書きたいと思うのであればその意思を伝えておく必要があります。

スポンサーリンク
oshichiyaレクタングル大

oshichiyaレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする